「ふん。なるほどねぇ」

 イザベラの一通りの説明の後、クレアは面白くなさそうに頬杖をついた。
 まるで拗ねた子供のような仕草である。

「ねぇ、もう仕返しは十分したでしょう? 関係ないリンドルムにまで魔法をかけないで。まだ気が済んでないのなら謝るわ。両親がしたことは確かに残念なことだし、貴方に失礼だったと私も思うわ。両親だって申し訳なかったって反省してるの。ねぇ、クレア・ウィッチ、お願いよ」

 一心に説得した後、イザベラも同じように両肘をついてクレアと目の高さを合わせた。
 黒耀の瞳と紅玉の瞳が見つめ合う。

「勘違いするんじゃないわよぉ、イザベラ。リンドルムの件はあたしじゃないのさ。まぁ全然
関与してないとは言えないんだけどぉ…」

 クレアは軽く嘆息した。

「どういうこと?」

 イザベラはクレアの言っている意味がわからない。

「そのリンドルムとかいう坊ちゃんに原因があるってことよぉ。でもそれを説明する前に…ほんっとーにアンタの親は反省してるんだろうねぇ?」
「もちろんよ」

 17歳の誕生日間近になって、イザベラの両親は事の顛末を彼女に話していた。自分たちの過ちをとても悔やみ、反省し、そして決して糸紡ぎには近づかないように娘に説得しておいたのだ。
 あいにくと糸紡ぎの形態を知らないイザベラは、それと知らずに触れてしまったけれど。

「ふん。なら許してあげるわよぉ。十分気が済んだし、あたしも大人げなかったしぃ。だから
イザベラ、アンタに手を貸してあげる。ちゃんと聞くのよぉ」

 イザベラは、紅玉の瞳を輝かせると、クレアの頬に感謝のキスをした。
 途端にクレアが真っ赤な顔をしてイザベラの顔を押しのける。

「あ、ごめんなさい。キスは嫌いなの?」

「そっそうじゃないけどさぁー、慣れないことはしない主義なのよぉ。妙に気恥ずかしいから
せめて直前に一言くれないぃ?」

「わかったわ、クレア。ありがとう。私たちの結婚式にはぜひ貴方を呼びたいわ。いいかしら?」

 ようやく落ち着いてカップのスープを飲んでいたのに、クレアは危うく噴出すところだった。

「突拍子もない娘だねぇ、アンタは。いいね、気に入った。気に入ったわよ。イザベラあんたの
結婚式ならあたしも行ってやらなくないねぇ。でもその話はあとであんたの腑抜けな婚約者が目覚めてからにしようじゃないのさぁ。あたしだって蜜蝋の封と王族の印を押された洒落た正式招待状が欲しいもんねぇ」

 クレアはそう言うと、散乱した机の上から一本のペンを手にとり、やはり机の上から適当な紙を見つけてサラサラと何かを書いた。そして丁寧に四つ折にしてイザベラに渡す。

「いいかい、ここにはそのリンドルムっていう洟垂れを目覚めさせる呪文が書いてある。あんたはその洟垂れの横でこれを大声で読むのさぁ。それからはあんたの仕事だよぉ。好きなだけ激励してやんなさぁい」

「わかったわ。でもリンディは洟垂れなんかじゃないわよ」
「ああ、それからぁ」

 クレアはイザベラの訂正には無視して、面白そうに付け足した。

「その紙、読むときまで広げちゃダメだからねぇ」
「・・・何か、呪文の効き目に関係があるの?」
「魔法なんてそういうものっしょ。きゃははは」

 クレアは笑って誤魔化したが、イザベラはとても重要なことだと思って慎重に服のポケットに入れた。

「さてぇ、んじゃあんたを城まで送っていってやろうかねぇ」
「まぁクレア、いいの?」

 イザベラは予期せぬ申し出に驚きと喜びを隠せなかった。
 内心すぐにでもリンドルムのもとへ行きたくてウズウズしてたのだ。

「関係者としては、事の顛末が気になるじゃん? やっぱ最後まで見届けたいしぃ」
「ぜひお願いしたいわ。クレア、ありがとう。あなたって本当は親切で優しい人だったのね。私、誤解してたわ」

すると今度こそクレアは大声で笑った。

「きゃははははははっあははははははっ」
「どうして笑うの、クレア? 私、そんなに可笑しな事言ったかしら?」
「イザベラァ、あんたは本当に面白いこだよぉ。なんでそんな恥ずかしい台詞を真顔で言えるのかねぇ。あたしはさっきから背中がムズムズしてしょうがない」

 イザベラは一瞬むっと来たが、直後にニヤリと笑ってクレアの頬にキスをする。

「なっなななんだい、なんだい?」

 イザベラは余裕たっぷりに笑って真っ赤になったクレアをびしっと指差した。

「クレアの弱点発見だわ!」
「うっうるさいじゃん。それにキスは直前に断るって約束でしょぉ?」
「すっかり忘れてたわ。そうだったわね」
「かわいくないぃぃ」

 この後、クレアはそのまま箒に乗ってる最中もぶつくさと不平を言い、イザベラは苦笑しながら目の前の少女を宥めるはめになるのであった。

 

+BACK+ +TOP+ +NEXT+

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー