−5−

「ここの従業員はどいつだ!!」

男が手の中の銃を、これ見よがしに見せて怒鳴り散らした。

「おう、て、てめぇ俺のそのバッグに有り金 全部つめろ。下手な真似してみろ。この野郎をぶ、ぶっ殺すからなっ!!」
「待てっ!!」

弾丸を恐れて伏せている客の中から一人の若い男が飛び出した。

「あんまりざけたこと言ってんじゃねぇぞ――――」

ダークスーツからゆっくりと、その洗練されたリボルバーを抜き出す。

「な、なんだてめぇは!?」
「人質を放せ」

低い声音で言い切ると、隼人は撃鉄をカチリと起こした。すぐにでも、トリガーを引きさえすれば発砲できる状態だ。
隼人の銃口は、男の頭を捕らえていた。銃のボディからはみ出して見えるシリンダーには、しっかりと6発の銃弾が押し込まれている。

「じゅ、銃を捨てろっ! こいつをぶっ殺すぞ!!」

焦った犯人が、榊の首に腕を巻きつかせて天井に発砲した。
客の中の女が、甲高い悲鳴をあげる。 
が ――――――

「殺せ」

男に捕らえられた本人が、良く通る声で言った。
錯乱状態だった部屋が、一瞬にして水を打ったように静まる。
蒼い男の、荒い息遣いだけが、妙に響いて聞こえた。

「正義の味方に助けられるなど、私の名に傷がつく。そのような辱めを受けるのなら、自らを持って散る」

どこか芝居がかった台詞なのになぜか真実味を帯びて、そこにいた全員に伝わった。

「破滅・・・いや、悪の美学か。・・・・・・おもしろい」

隼人が低く笑った。その表情に、榊が人知れず驚く。そしてある確信が、榊の中に生まれていた。
もう一方で、勢い良く飛び出していった隼人を心配そうに見ていた、カルーアミルクの女が、変わり果てた隼人の姿に目を奪われていた。
怖いけれど、同時にゾクゾクするほど楽しいのだ。
女は隼人にどうしようもない魅力を感じていた。

さて、その本人だが、その頃になると飲んでいた酒がようやく回ってきて、隼人の思考を正常なものからどんどん離していった。
もはや今の隼人は夢心地で、現実感なるものが全く欠如されている。
―――――――危険な状態だった。

かつん、と銃を構えたまま隼人が一歩踏み出した。

「て、てめぇ・・・人質がどうなってのいいのか!」

振り絞った声で、男は情けなく吠えた。
この台詞といってしまった時点で、男は隼人に負けたも同じだった。本当に撃つ気なら、とっくに榊なり隼人を撃っている。

「俺の知ったことか」

男の言葉を受けて、隼人が冷たく突き放した。
マドンナが、その台詞と聞いて目をつぶって祈り始める。

「そ、それでも正義の味方か!?」

皮肉なのか、混乱の産物か、どちらともつかない言葉を、男は負け犬のように顔面を引きつらせて続けた。
慌てふためく男を見て、隼人はニヤリと笑った。

 

 作品一覧へ                                                     次へ 

 

 

 

 

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー